プレスリリース

無償3Dスキャンデータ処理ソフトウェアRapidform XOMをリリース

東京, 日本, 2011年10月5日 – ラピッドフォーム・ジャパン株式会社(www.rapidform.co.jp)は、XOシリーズの新しいラインナップとして、”Rapidform XOM” をリリースします。
XOMは、3Dデータ処理を行うためのフリーソフトウェアです。現時点ではRapidformが最も多くのシェアを獲得している日本国内に限定して展開される予定で、3Dスキャナに限らず様々なタイプの点群やメッシュといった3Dデータを活用したいユーザ様に対して、Rapidformの業界最高クラスの機能群を無償で提供します。XOMを利用することで、3Dスキャナのデータ処理はもちろんのこと、CADデータと3Dスキャンデータの偏差をカラーマップで確認したり、簡単な寸法を測定したりすることができます。また、3Dプリンタ用のデータを作成することも可能です。

Rapidform XOMはこちらのサイトからダウンロードしていただくことができます。
http://www.rapidform.com/ja/products-3/rapidform-xom/

「日々の業務で、Rapidformは3Dスキャナの可能性を最大限に高めるために活用されています。この新製品を無償で提供させていただくことで、Rapidformが培ってきた先進的な機能の数々をより多くのユーザ様に幅広くお使いいただけることを喜ばしく思っています。」INUS TechnologyのCEO、Calvin Hurはコメントしています。「3Dスキャナを所有しているユーザ様でも専用の高度なデータ処理ソフトをお持ちでないために、活用できてない方はまだたくさんいらっしゃいます。我々はそこを変えていきたい。これがXOMを無償で提供することを決めた理由です。3Dスキャニングマーケット全体をより活気あるものにするためのお手伝いができればと思っています。」

大容量点群、メッシュからCADモデルまで。様々なタイプの3Dデータを読み込める最強の3Dビューワ―。

世界中の3Dスキャナのネイティブデータをサポートしているだけでなく、STLやOBJといったメッシュ、IGESやSTEP、ParasolidなどのCADデータまで読み込むことができます。また、代表的な中間ファイルフォーマットの
出力もサポートしているため、データコンバーターとしてもお使いいただけます。もちろんRapidform XOVで作成した検査結果のビューワ―としてもご利用いただけます。(従来Rapidform Explorerで行っていただいていた作業は、今後Rapidform XOMをお使いください。)

3Dスキャンデータから高品質なメッシュを作成。最先端の3Dスキャンデータ処理をフリーで。

3Dスキャンデータのノイズ削除、メッシュ化や位置合わせ、合成をはじめ、穴埋め、間引き機能など、Rapidformが10年以上かけて熟成してきた業界最高レベルの機能を搭載しました。3Dスキャナのデータ処理で最も時間のかかる部分はXOMで分担できます。より高度なメッシュ編集機能や、メッシュからのCADデータの作成が必要なお客様はRapidform XORをご検討ください。

寸法測定やカラーマップもサポート。簡易的な検査ツールとして。

XOMの提供する測定ツールを使えば、点群やメッシュデータから簡単に距離測定を行うことができます。点群から作成された幾何要素を使った測定も可能ですし、断面上の距離も確認できます。XOMに取り込んでしまえば対象物のスケールは関係ありません。製品だけでなく、建築や土木測量関連の用途にもご使用いただけます。また、CADデータと3Dスキャンデータ、もしくは3Dスキャンデータ同士の形状偏差をカラーマップで表示することもできます。

3Dプリンタをお使いのお客様にも。

不正メッシュの修正機能や厚み付け機能などもあるため、3Dスキャンデータから3Dプリンタ用のデータも作成できます。また、XOMにはCADデータをメッシュに変換する機能や、CADで作成されたメッシュの修正機能もあります。3Dプリンタをお使いのユーザ様にも十分ご活用いただけるツールです。

その他にも使い方はお客様次第。Rapidform XOMはこちらよりダウンロードして、すぐにご使用いただけます。
http://www.rapidform.com/ja/products-3/rapidform-xom/

ラピッドフォーム・ジャパン株式会社及びINUS Technology, Incについて

ラピッドフォーム・ジャパン株式会社はINUS Technology, Inc の日本法人です。INUS Technology, Incは世界でもっとも優れた3次元スキャンソフトウェアの開発を行っています。ラピッドフォーム・ジャパン株式会社は2001年にINUS Technology, Incの日本事務所として創立後、2009年に日本法人として設立致しました。ラピッドフォーム・ジャパン株式会社は急速に増加するRapidformユーザへの販売、サポート、サービスなどを中心に事業を展開しています。ラピッドフォーム・ジャパン株式会社及びINUS Technology, Incのソリューションはリバースエンジニアリング及び品質検査の分野にて世界トップのシェアを誇っており、主力製品であるRapidformは3次元スキャン技術において非常に強力なツールであることから、工業製品の製造、研究開発(R&D)、品質検査のほか、医学、土木工学に至るまで、様々な分野で幅広く利用されています。多くの世界的トップ企業の研究、設計、製造及び品質管理分野でRapidformの先端技術が使用されています。
詳細な情報と製品デモはwww.rapidform.co.jpをご確認下さい。

 

この案内はリリース当時のものです。Rapidform/Geomagic XOMは、2013年12月31日を持ちまして、提供を終了させていただきました。
 

Comments are closed.